女性

効果的にうつ病を改善|薬を服用して症状を和らげよう

うつ病の治療

カウンセリング

うつ病の治療は一般的に急性期、回復期、再発予防期の三段階に分けられます。。まず急性期では、症状の程度を医師が見極めて、薬物療法が開始されます。急性期では、治療薬は少量から様子を見ながら開始して、徐々に増やしていきます。この急性期は一か月から三ヶ月程度で、うつ症状が軽度な方の多くは期間中に回復することが一般的に見られています。回復期では、調子がいい日と悪い日を繰り返しながら、改善に向かってきます。しかし、回復期で、うつ症状がもう治ったと判断して治療薬をやめないようにしましょう。急に治療薬を止めてしまいますと、症状が悪化してしまい完治するまでにかなりの時間を費やしてしまいます。ですから、調子がいい日が続いても治療薬の服用は続けるようにしましょう。もしも、治療薬の服用をやめるとしたら、医師の相談が必要不可欠です。そして、再発予防期は名前の通り、症状の再発を防止するための期間となります。特に、他の病気と違い、うつ病は再発しやすいです。再発しない為にも、医師の指示や服用する治療薬の量をきちんと守りましょう。また、再発予防期では薬物治療を約1年から2年行い、うつ症状の再発を防止します。

うつ病は完治するまでに、長時間の治療を必要とします。そのため、治療をするなら覚悟を決めて治療に専念しましょう。精神科でうつ病の治療をするにあたって、活用されるのは主に抗うつ剤と呼ばれる治療薬になります。そして、この抗うつ剤を使った薬物療法を一年以上続けることでうつ病が完治することができると言われています。しかし、なぜうつ病の治療に一年以上もかかるのか、疑問に思う方もいることでしょう。その理由について説明します。うつ病は治りにくい病気で治療に時間がかかります。しかし、それ以外にも実は再発率の高さも大きく関係しています。うつ病の再発率は約60%と言われています。そのため、うつ症状を完治させることが難しいのです。しかし、逆に再発予防を精神科でしっかりと行っていれば、再発のリスクを最小限に抑えることができるのです。